NEWS

2017/7/6 UP 

d’etrois 三の碧が重なるとき
7月19日(水)〜31日(月)

天然石と器、三の碧の競演。

自然が生んだ奇蹟の色。エメラルドの豊かな煌めき。

流れる塩釉が魅せる形、珊瑚にも似た文様の表情。

初めて出会う碧色。碧に銀の魔法。

阿久津忠男さん 田中正生さんの器と共に
d’etroisの夏のコレクションが並びます。

 

◇デザイナー来店日 
7/22(Sat.) 7/29(Sat.)   両日14:00~1800 
d’etrois 水のリングスペシャルオーダーを承ります

17.7.8-2


d'etrois(デトロワ)

シンプル と ラグジュアリー、モダンと ノスタルジックなど
対峙する揺らぎの中の美を表現した '柔らかな宝石' をテーマとした、清水ヨウコが手がける天然石ジュエリーブランド。


田中 正生(タナカ マサオ)
1945年、栃木県益子町 生まれ。
73年、信楽 小川青峰氏に師事し、その後75年に帰郷し塩窯を築く。
86年に、現在の益子町北郷谷に穴窯、塩窯を開窯。

第1回、第2回 栃木県芸術祭奨励賞受賞
工和会展奨励賞受賞
日工会新人賞受賞
日展入選


阿久津 忠男(アクツ タダオ)
1950年、栃木県高根沢町 生まれ。

75年、益子町上大羽栗生に窯を築く。
95年に目白椿山荘・京都八坂倶楽部「橘展」出品など、数多くのギャラリーや百貨店に出展。

 

 

pagetop